無駄なコストを削減

工夫によって無駄なコストを削減

R+houseは「新しい時代のオーダーメイドハウス」。
一流の建築家が設計する住宅でありながら、仕入れ・時間・手間などを省く合理的な工夫を随所に取り入れ、経済コストも同時に追求した注文住宅です。

【参考動画】こちらの動画では主に、家づくりそのもの“以外”でかかるコストの削減について話しています。

合理的な設計ルールで性能と価格を両立させていますコスト(価格)を削減

まず、ルールに従って設計し、その上でお客様のご希望の優先順位に従って、予算の範囲内で追加していくという形をとります。
そのため性能やデザインのレベルを落とすことなく、コストを抑えた住宅をご提供できるのです。※

※必ずルール通りにしなければならない訳ではありません。ご予算に合わせて自由に進めていただけます。

合理的な構造ルール

合理的な構造ルール

 

モジュールのルール

ルールといっても決して窮屈なものではありません。
お部屋のサイズを決めるときに、標準的な住宅建材の寸法である910mmを1単位として、縦も横もその倍数の長さにすること。
天井の高さを決めるときに同様に2400mmを標準とすること。
「建材メーカーが標準としている寸法=よく使われる寸法」ということ。住んで不便を感じるということは絶対にありません。
たった、これだけでのルールで、ムダな加工賃や廃材の処理費が削減され、コストダウンができるのです。
10cm刻みで設計できるけど高いお家。90cm単位でしか設計できないけどお得なお家。どちらのお家がいいですか?
R+houseでは、この“ちょっと”したルールによって、高性能で、デザイン性に優れたお住まいを手の届く価格でお客様にご提供いたします。

モジュールのルール

 

Webによるメーカー直発注システムでコストダウン

通常の建材などの部材仕入れでは、費用に問屋・商社など間にはいる業者の事務所費用、人件費、倉庫維持費などが含まれます。

R+houseではWebによるメーカー直発注システムを採用することで、間に入る業者(問屋、商社)をなくし、
その分建材の仕入れにかかる余計なコストを大幅カットに成功しました。

直仕入れでおp幅コストカット

 

PAGE TOP