住宅の断熱性能と疾病の関係とは?

 

現在では、いくつもの研究機関が
住宅の断熱性能と健康(疾病)の相関関係を研究し指摘しています。

省エネ住宅
調査により高断熱住宅へ転居すると疾病が減少するという結果が得られます。
これは、結露の減少によるカビ・ダニ発生の抑制や室内空気質の改善効果によるものと考えられます。


イギリスでは、保健省の指針として、室内温度が16°C未満だと、寒さによる疾病・死亡リスクが高まると報告されています。

温度差による入浴時の負担比較

このような研究データから見ても
住宅の断熱性能が生命や健康に与える影響は大きいといえます。

PAGE TOP